転職者プロフィール

性別:女性
現在の年齢:26歳
現在の居住地:埼玉県
転職前の仕事:女性向けアパレルメーカーの営業職
転職後の仕事:人材業界のWEBマーケティング

(Q)現職の人材業界の仕事について教えて下さい。

新規求人サイトの作成をしています。現部署では医療系に特化した転職支援を担当しており、コンサルタントと呼ばれるエージェント(営業)が求職者と企業の間に入って転職の紹介をしています。現在すでに多くの方に利用していただいていますが、コンサルタントを間に挟むことによって紹介料が割高になり、サービスを利用できないという企業があったり、求職者にとっても利用のハードルが高いという課題があります。その課題を解決するために求人ナビサイトを新しく立ち上げることとなり、その担当をしています。

他社サイトとの差別化を考えたり、マネタイズのタイミングを考えたり、どのようなサイトにすれば企業側にとっても求職者側にとっても使いやすいサイトになるのかから自ら考え、それを形にしていきます。開発自体は外注をするため、こちらが作りたいと思っているサイトをどのように伝えるのか、というところに一番気を遣って行っています。ただ上長から支持されたことを開発会社に伝える、ということだけでは自分が担当している意味がないと思いますので、自分がその求人サイトを使うとしたらどのような機能がほしいのか、というのも常に考えなければならないですが、とてもやり甲斐を感じています。

(Q)前職の業務について教えてください。

前職では女性向けアパレルメーカーに勤めていました。新卒で入社して一番最初は対百貨店営業を担当しました。通常、営業の仕事は自社の製品(サービス)を売るというイメージですが、私が担当していた営業は百貨店の既存売り場のマネジメントが主な仕事です。担当の売り場の販売員とのコミュニケーションを蜜に取ることで販売員のモチベーションを上げたり、先方の担当とも常にコミュニケーションをとることによって他のアパレルメーカーよりも有利な条件をもらうという仕事をしていました。

対百貨店営業を担当してから1年後に本社の販売促進課への異動が決まりました。新卒2年目で販売促進課への異動は異例なことであったので、とてもプレッシャーを感じていました。販売促進課では全国に展開をしている若年層向けのブランドを担当し、年間の店頭プロモーションの企画をしていました。特に私が担当していたブランドが周年祭をむかえるタイミングでしたので、世界的に有名なおもちゃメーカーとのコラボレーションを企画し、社内プレゼント通して実行をすることができました。結果、その企画は大成功をおさめ、会社内でも成功例として全社に共有していただくことができました。楽しい職場でした。

(Q)「楽しい職場」を辞めた理由は?

前職では販売促進課に所属をして、全国の売り場やお客様に影響を与えられる大きな企画を担当していたので、とてもやり甲斐のある仕事をさせていただいていました。しかし、会社の規模が大きく歴史も長いため【社風】というものがとても根強く残っていました。それは仕事においてもそうですし、仕事以外の面でも多くありました。

例えば、仕事以外の面ではとにかく無駄な飲み会が多い、ということがあげられます。私もお酒の席は好きなので、飲み会が多いこと自体にはそこまで疑問には思いません。しかし、その飲み会が先輩から誘われるものには強制的に行かなければならない、また帰りたくても終電まで付き合わかなければならないということがあまりにも多く、そして男性からのセクハラまがいな言動も多々ありました。他の会社では一発アウト!ということでも「これが社風だから」と、会社の上層部含めて暗黙のルールがあり、むしろセクハラとして声をあげると「あの子はこんなことで声をあげる。最近の子は弱い。私のころは・・・」などと逆に後ろ指を刺されます。

また仕事面においても、5年以上過去の成功例を未だに引き継いでいるとことが多く、特に若年層をターゲットにしていた私としては全く響かないだろうということがベースとして考えられていました。とくに現在は若年層をターゲットにしたプロモーションとしては、TVCMなどのマスメディよりもinstagramやtwitterなどのソーシャルメディアが主流ということは広告宣伝や販売促進を担当しているならば周知の事実にもかかわらず、「SNSではどこまで効果がでるのかわからない」という理由だけでSNSのプロモーション企画を通すことがとても難しかったです。

商品企画も、プロモーションも、広告宣伝も、全てにおいて「過去踏襲」が多く、また冒険をしない、というのが往々にして見られました。たしかに、会社の歴史も長く、自社ブランドへ愛着を持ってくださっている顧客も多いため、これまでのイメージや根本の質は変えてはいけないということはわかります。しかし、これから消費傾向が目まぐるしく変わり、様々なところから他社が参入している中、このまま現状維持を続けることで本当に良いのかという疑問を常に持っていました。そこで、もっと変化が激しい環境に飛び込んでみたいと思い、転職活動を開始しました。転職先は「ベンチャー気質があるところ」という条件だけでほかはいろいろな業種・職種を見てみることにこだわりました。

(Q)転職エージェントの利用の有無を教えて下さい。

私は前から知っていたDODAエージェントサービスを使いました。良かったなあと思ったのは下記の5点です。

<1>登録したその日からスカウトメールが多くきた
<2>担当者が電話で詳しく話をきいてくれた
<3>幅広いところから求人を出してくれた
<4>面接前にアドバイスをくれた
<5>面談から内定までとても早かった


<1>登録したその日からスカウトメールが多くきた
簡単に自分の経歴を登録した所、早速その日からさまざまなスカウトメールをいただくことができました。自分から探すこともしてはいましたが、自分で探すだけでは見つからなかったような企業からスカウトメールをいただくことで、より視野を広げることができたと思います。また、スカウトメールの中には「特別オファー」というものもあり、通常は面接2回のところを1回でうけさせていただけるというものもあったので、毎日チェックをしていました。スカウトメールには、いろいろな求人の情報を見ることができるというメリットはもちろんありますが、スカウトメールをいただけるということで、自分を求めてくれているところがあるんだなという一種の安堵感のようなものもありました。やはり転職を考えている状況では、どうしても今の会社への自分の存在意義や将来に対する不安があるので、スカウトメールをいただけるということはとてもありがたいと思いました。

<2>担当者が電話で詳しく話をきいてくれた
転職サイトに登録をした時点では、まだまだ自分のなかでの条件は「今よりもベンチャー気質があるところ」だけでした。ですので、これまでの職種を活かして販促系にするのか、それとも営業でもって自分を鍛える道に行くのかもまだ全然はっきりしていませんでした。しかし、電話で面談をしていただいた際にはこれまでの私の仕事内容、なぜ転職をしようと思っているのか、将来どうなりたいのか、いつの転職を考えているのかをしっかりを掘って面談をしてくれたので、最初はぼんやりしていても話しているうちに自分のなかでとても整理をすることができました。特に「将来どうなっていたいのか」に関してはその場では即答ができなかったので、まずはその部分をしっかりと考えてから、どんな会社を選ぶべきかを決めないと行けないとアドバイスをいただき、とてもありがたかったです。ある程度はっきりと答えられるようになれば、それがそのまま面接にも使えるので一石二鳥でした。

<3>幅広いところから求人を出してくれた
面談をしていただいたうえでも、やはり営業か、販促系かは最後まで答えが出ませんでした。しかしその状況でも次の日にはいくつか求人を紹介していただきました。しかもサイトには掲載をしていないところからも求人を持ってきてくれました。単に求人を提案していただけるだけではなく、求人票には書かれていないその企業の雰囲気や上司の方の様子なども教えていただけたのでとても参考になりました。また、求人を見ていく中で途中から営業に方向を絞りつつあったのですが、私の「販売促進課」という職歴を見て、企業から逆にマーケティングでの特別提案をいただき、最終的にはその企業に転職を決めました。私の職歴や希望を聞いて幅広く提案してくれ、また企業側にもしっかりと条件を伝えていただいていたので、初めて転職をする立場としても安心感がありました。

<4>面接前にアドバイスをくれた
就職活動をしていた際には面接対策をしていましたが、転職は初めてなのでどのような質問をされるのか、どのように答えればよいのか不安がありました。しかし最初の面接の前に、転職の際の面接で聞かれそうなこと、それに対しての答え方をレクチャーしていただいたので、面接前の準備を有意義に行うことができました。また、企業によって面接の方法などが違うため、面接前にそれぞれの面接の特徴や、わかる所は面接官の方の特徴なども教えていただくことができました。面接後も連絡をいただき面接の内容がどうだったのかのフィードバックをし、そこで修正点がある場合は「もっとこう伝えたらいいですね、次のときに試してみましょう!」のように次につながるアドバイスをいただきました。2つ目に受けた企業では落ちてしまいましたが、その後も「では次の面接ではこういうように言いましょう」とアドバイスをいただけたので、自信を失うことなく次へ進むことができました。

<5>面談から内定までとても早かった
12月中旬に転職サイトへ登録をしましたが、最終的に内定をいただいて就職先を決定したのが1月末でした。約1ヶ月の間に希望条件のヒアリング、条件にあう求人、面接対策、面接とスピード感をもって行うことができたのは、エージェントの方が頻繁に連絡をしていただき、また面接の日程もできるだけ早く設定をしていただいたおかげだと思っています。転職活動を自分一人でやっていたら、求人を探したり応募を決断するのにも時間がかかったと思いますし、面接を受けるにも尻込みをしてしまっていたと思います。また、途中で何か疑問があっても、エージェントの方に相談をすればその場か、遅くても3日以内には回答をいただけ、このように素早く解決していただけたおかげで無駄な不安などはなく転職活動を続けることができました。また、内定後も前職をスムーズに退職するためにはどのようなタイミングで話を出せばいいかなども細かくアドバイスをいただいたので、最後までトントン拍子で進めることができました。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)現職に転職してよかった点について教えてください。

転職してよかった点は以下の2つです。

<1>自分で考える仕事が増えたこと
<2>新しい領域の仕事ができていること


<1>自分で考える仕事が増えたこと
前職は過去の踏襲で誰でもある程度仕事ができてしまうという環境でしたが、現職はまだ設立されて4年目の若い部署のため、まだまだノウハウがありません。そのため良い意味でも悪い意味でも自分で考えて行動しなければ何も進みません。ゼロから何かを作っていくということは想像以上に細かく、泥臭い仕事がたくさんあることを初めて知りましたが、それが積み重なってカタチが見えてくると、とてもやり甲斐を感じます。

現在取り組んでいる新求人サービスも、そのサービスがなんのために存在をして、どのようなターゲットに向けて提供するものなのか、という大前提の部分から自ら考え、社内に提案をして、設計をしているため、「なぜこうなっているのだろう?」という部分がありません。前職では過去踏襲がほとんどだったため、理由もなく取り組んでいたことが多々有り、疑問に思うことがたくさんありました。そのため現在はこれからこのサービスを使っていくとしても、誰もが納得してそのサービスを利用したり勧めたりできるように情報共有も抜かりなく行っていきたいと思っています。また、今後自分がイチから作ったサービスによって自部署に利益をもたらせるようになれば、それが大きく自分の自信につながると思っています。

<2>新しい領域の仕事ができていること
前職までは販売促進課の中でも主に【店頭プロモーション】を担当していたため、商品をリアルな売り場でどう表現(店頭フェアや店頭の装飾など)し、売っていくのかを考えていました。しかし現在はそもそも扱うものが「商品」ではなく「サービス」であり、さらにそれを売る場は「リアル」ではなく「ネット」です。もちろん、ターゲットにどのように訴求するのかという根本的に考える部分は変わっていませんが、前職で培った経験と知識だけではどうしてもカバーできない部分が多くあります。

特にWEBの知識などは表面部分しかわかっていなかったので、現在イチから勉強をし直しています。とても大変ではありますが、転職をしなければ勉強をする機会もなかったので、早いうちに自分の知識と興味の幅を広げられる機会を得ることができて本当に良かったと思っています。環境が変われば視点が変わるということをとても実感したので、転職は自分の殻を破って他の世界を見る一番大きな選択手段なのではないかと思いました。今後はさらにWEB関係の知識を得ながら経験を積むのか、さらに別の領域に行ってみるのかまだわかりませんが、いろいろな可能性を考えながら仕事をしていきたいと思っています。


>>実際にこの方が使った転職エージェントはこちら

(Q)これから転職する方へアドバイスを!

私は転職を経験して、本当によかったと思っています。前職の会社がとても大きく有名だったため周りの人からは「なんで転職したの?」とよく言われますが、私の場合「新しい会社でチャレンジしてみたい!」という気持ちが強かったので、社会人3年目というタイミングで思い切って転職したことは間違いなくプラスだと思っています。現在転職を考えている方の中で私と同じように「今とは違う環境で、何か新しいチャレンジをしたい!」という思いを持っている方がいらっしゃったら、ぜひとも思い切って転職してみてください!と声を大にして言いたいです。また昨今は転職に対するイメージもそこまで悪くないと感じます。以前は『転職=我慢ができない』のような、どちらかというとネガティブなイメージを持たれがちだったのですが、最近は自分のキャリアのステップアップのための選択肢の一つとしてポジティブに捉えていただくこともあります。

私が現在担当している「WEBマーケティング」という仕事は、やろうとすればどこまででもできるし、やろうとしなければただの作業になってしまう、という仕事だと感じています。また、SNSやAIなど、どんどん新しいツールや知識が増えてきている分野でもあるので、常に自分で新しい知識を得ようとしないと、すぐに自分の知識が古くなって取り残されてしまいます。そのため、私自身もWEBマーケター向けの勉強会に参加したり、会社の人から教えてもらったりと、知識を得る努力をしています。私にとっては何か新しい知識を得られ、それを自社サービスならどう活かせるだろうかと考えることはとても楽しいですので、私のように新しい知識を得ることが楽しいと思える人にはとても最適な職場です。今の仕事にもやもやしている、もっと新しいことを経験したい!という方はぜひ私のように転職をして輝いて欲しいです!